大屋工務店の家づくり

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸太そのままの梁

<<   作成日時 : 2016/03/18 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

丸太のまま家の短辺方向に1本物で納まる梁。
画像

外側の濃い茶色い皮を剥くと内側に薄い茶色い皮があり、そこまでカマで剥いておかないと木の中に虫が現れてしまいますので見えない部分でもしっかり皮を剥いておきます。
画像

墨付けはタイコ梁も丸太も要領は同じです。
束が立つ部分は『ちょうな』と言う道具を使い、束が受かるように少し面をつけます。
画像

端部は3面に削ってから墨付けします。
画像

垂木の上端よりやや低い位置で勾配なりにそぎ落とします。この時、屋根を総反りにするので、この梁の位置ではどの値垂木が下がった位置に納まるのかを計算して墨付けをします。
画像

垂木の部分を掘っているところ。
因みにこの梁は全く見えなくなる梁です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸太そのままの梁 大屋工務店の家づくり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる